ホーム
はじめに
椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の原因
東洋医学からみた坐骨神経


院内案内



福岡天神大丸から
徒歩3分

診療時間  要予約
9:00〜18:00 
(092)721-0086
休診日
 日曜・祝日

地図治療費 

【主なご来院地域】
福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

出張治療はしてません

坐骨神経痛椎間板ヘルニアの中国針治療

腰痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などによる

中国針治療


腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏の痛みやしびれ。
それは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、梨状筋症候群からくる坐骨神経痛かもしれません。

その苦痛を改善、消失できればと思い、東洋医学の本場、中国における椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の中国針治療や自身の臨床経験等を掲載しています。
 

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭



中国針による治療

坐骨神経痛の中国針灸治療
整形外科でレントゲンやMRIなどの精密検査をうけ、先生から「坐骨神経痛ですね」と言われたことがある方は結構多いと思います。

それで、「坐骨神経痛」という病気だと思っている方も少なくないようですが、


じつは、「坐骨神経痛」という病名はありません。

「坐骨神経痛」とは、神経がなんらかの原因で圧迫などされることで、腰やお尻、太もも、ふくらはぎ、足裏などにしびれや痛みを感じる症状のことを言います。

坐骨神経痛の原因でよく知られているのが、
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症などです。

では、椎間板ヘルニアなどが治らないと、「坐骨神経痛」は治らないのではと思ってしまいますが、 実は、坐骨神経痛の原因は他にもあり、それを改善すると足の痛みやシビレは良くなっていきます。



当院でよく治療する「坐骨神経痛」の患者様は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・
すべり症などの病気もお持ちですが、腰やお尻の筋肉を触ってみると異常に硬くなっていたり、指で押さえるとすごく痛い場所があります。
また、痛み、しびれのある足の方だけが、異常に冷たく、明らかに血流が悪いのです。


坐骨神経痛の中国針灸治療


この筋肉のコリや血流が改善すると痛みやしびれは改善していきます。
中国針治療では、この筋肉のコリや血流を改善させていきます。




坐骨神経痛の中国針治療について、動画で解説していますので、ご覧ください。

中国針治療にて改善します

Copyright (C) Hakoshima ishindo
All Rights Reserved.