ホーム
はじめに
椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の原因
東洋医学からみた坐骨神経


院内案内



福岡天神大丸から
徒歩3分

診療時間  要予約
 
9:00〜18:00 
 
(092)721-0086
休診日
 日曜・祝日

地図&治療費 

【主なご来院地域】
福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

出張治療はしてません

坐骨神経痛の東洋医学的治療法

腰痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などによる坐骨神経痛の方へ

中国針治療


はじめに

日々坐骨神経痛の治療に携わって感じることは、もう少し早く治療をしていれば、そこまで苦しみ、顔をゆがめる必要はなかったのではということです。

多くの方が坐骨神経痛を中国針灸で治せるとは思っていなかったり、また針灸が神経痛に効くということは聞いたことはあるけれども、なかなかその第一歩が踏み出せなかったりするようです。

坐骨神経痛の中国針灸治療

その原因として、一体どんな治療をされるのか不安、なぜ針灸で治るのか分からないなどがあります。

針灸に対する不安や緊張がなくなれば、リラックスした状態で治療を受けることができるので、当然効果も高くなっていきます。

椎間板ヘルニアで手術を考えている方が手術をせずに済むこともあります。

また、脊柱管狭窄症や変性椎間板症など老化が原因でおこる坐骨神経痛はなかなか完治しにくいものです。

しかし、治療を続けることにより今の状態よりも症状を軽減し、悪化を予防できることを日々の臨床で実感しています。

再び痛みやしびれのない生活が送れるようになっていただければと思っています。





中国針治療にて改善します

Copyright (C)hakoshima ishindo
All Rights Reserved.