ホーム
はじめに
椎間板ヘルニア・
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の原因
東洋医学からみた坐骨神経


院内案内



福岡天神大丸から
徒歩3分

診療時間  要予約
 
9:00〜18:00 
 
(092)721-0086
休診日
 日曜・祝日

地図&治療費 

【主なご来院地域】
福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

出張治療はしてません

坐骨神経痛の東洋医学的治療法

腰痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などによる坐骨神経痛の方へ

中国針治療


プロフィール

医学博士・鍼灸師  箱嶌大昭(はこしま ひろあき)
坐骨神経痛の中国針灸治療


明治鍼灸大学を卒業、国家資格鍼灸師免許を取得。
その後、中国に渡り中国医学研究機関の最高峰である中国中医科学院(旧・中国中医研究院)にて日本人初となる医学博士号を取得いたしました。

現在、福岡市にて「中医鍼灸院 箱嶌医針堂」開業。
日本・中国で研究されている最先端の鍼灸技術を日々取り入れ、椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・腰痛等を中心に日々鍼灸臨床に取り組んでおります。
箱嶌医針堂のブログ

中国鍼治療でテレビ出演

略歴

1972年  福岡県生まれ
1991〜95年 明治鍼灸大学 卒業 (鍼灸学士号 鍼灸師免許取得
1996年 天津大学 中国語研修
同年 天津中医学院第一附属病院 鍼灸科研修
1997〜99年 中国中医研究院 広安門病院 修士課程 卒業 (医学修士号 取得
2000年 福岡大学 スポーツ医学研究室 研修
2001〜03年 中国中医研究院 鍼灸研究所 博士課程 卒業 (医学博士号 取得
2003年 北京大学医学部附属病院 精神科研修
同年 北京張泰茶芸専科培訓学校  中国茶芸研修 (泡茶師 取得
2004年6月 中医鍼灸院 箱嶌医針堂 開業

研究発表実績

1999年5月 中国中医研究院 医学修士学位論文 「穴位貼敷療法治療喘息規律的研究」
同年 中国・鍼灸臨床雑誌5月号  「穴位貼敷療法治療喘息的近況」
同年 中国・上海鍼灸雑誌5月号  「葦管灸治療顔面神経麻痺探析」
同年8月 中国特殊鍼法灸法学会 雲南会議 「葦管灸治療顔面神経麻痺探析」
2002年11月 第11回全日本鍼灸学会九州支部学術集会 「低周波鍼通電療法の白血球に及ぼす影響」
2003年5月 全日本鍼灸学会 福岡地方会 「中国小児鍼の使用現況」
同年6月 中国中医研究院 医学博士学位論文  「日本明治以来灸法発展の歴史と現状」
同年10月 第12回全日本鍼灸学会 九州支部会学術集会「環跳穴低周波鍼通電療法施術前・後の血中セロトニン値の変動」
同年10月 中国・内蒙古中医薬雑誌 第5期 「明治以来灸法発展の歴史と現状」
同年11月 (株)全医療器主催 低周波鍼通電療法セミナー 「中国におけるうつ病の鍼通電療法」
2004年6月 第53回全日本鍼灸学会学術大会  千葉幕張メッセ 「仮面うつ病の鍼灸治療法」
2005年6月 第54回全日本鍼灸学会学術大会  福岡国際会議場 「腹部低周波鍼通電痩身療法の研究」

通訳・翻訳実績

1998年5月 「気功・瞑想・催眠学会」北京会議 北京中医薬大学 宋天彬教授の翻訳・同時通訳
同年11月 「国際伝統医学美容学会」北京会議 東洋医学研究所 ヘルス・チヒロ鍼灸室 大淵千尋先生の同時通訳
1999年5月 「特殊鍼法灸法療法学会」北京会議 中国中医研究院 広安門病院鍼灸科 田従豁教授の翻訳・同時通訳
2000年10月 「足部反射区健康法全国検討会」北京会議 上海中医薬大学附属龍華病院 馬英副主任医師及び広西中医学院第一附属病院 倫軾芳主任医師の翻訳・同時通訳
2002年9月 日中国交30周年記念 江沢民元国家主席の実妹 中国林科院院長 江沢彗女史来日、 熊本県小国町にて同時通訳
その他多数翻訳・通訳を務める

講演実績

2003年11月 第66回 タカラ会 博多シティホテル 「中国の鍼灸事情」
2004年7月 TNC文化大学 パヴェリアホール「夏をのりきるツボはこれだ!」
同年年7月 西日本リビング新聞社「中国茶〜私のための奥深い一杯」
同年12月 jeugia カルチャーセンター Bivi福岡天神「すぐに役立つツボ講座」 
2005年2月 北九州リビング新聞社「もっと知って、もっと楽しむ、私だけの中国茶」
同年3・4月 ウーマンライフ新聞社 えーるぴあ久留米「すぐ効くツボ療法入門」
同年6月 西日本リビング新聞社 「ツボ押しでそう快に!」
同年11月 北九州リビング新聞社「ツボ押しですっきり!」


中国針治療にて改善します

当サイト内の画像及び文章の無断転載・引用は固くお断りいたします。
Copyright (C) Hakoshima ishindo
All Rights Reserved.